総合人材サービスの
日研トータルソーシング

はたらく物語、はじまる。

はたらく仕事のその先にある、
たいせつな誰かの暮らし。
その姿を想うとき、仕事と暮らしの風景が、
ココロのどこかでつながる。
日研トータルソーシングは、
仕事と暮らしをむすぶ物語の
パートナーでありたいと願います。

第1話:はたらく物語「工場篇」
第1話:はたらく物語「工場篇」
自動車工場につとめる主人公が、
もうすぐ生まれる子どもを想う。
第2話:はたらく物語「病院篇」
第2話:はたらく物語「病院篇」
病院ではたらく看護師の主人公が、
ふと故郷の両親を想う。

CMイメージソング

「ならんで、どこまでも」
作詞・作曲・歌:タテタカコ

日研トータルソーシングは、
あなたにあった4つの分野で
はたらく“あなたの物語”を応援します。

「ならんで、どこまでも」
作詞:タテタカコ

泣いて 笑って
通った道

並んで 歩く
どこまでも

大きな木 見上げては
その角を 曲がるともうすぐ

鼻歌歌って 待っている
寄り道しないで 早歩き

今日の事 話そうか
振り向けば 月が昇り出す

ただいま おかえり
今日もいいこと あったかな

聞かせて 毎日
物語の 続きを

シンガーソングライター
タテタカコ
ハードコア・パンクからアヴァンポップまで、あらゆる表現分野を内包し得る新種(あるいは、珍種)のシンガー&ソングライター。ピアノと歌だけを携えて、剥き出しの表現者魂に導かれるまま独立独歩で歌って歩く。どうにも掴みきれない捩じれた感性から特徴的な言葉を紡ぎだし、心象原風景にある懐かしいシンプルなメロディーを、確実に安定した演奏力で奏でられるピアノに織り交ぜながら歌う。単に澄んでいるだけではない毒のある個性的な声と、その場の空気を吸い込んでしまうような強い求心力を発揮するライブ・パフォーマンスが印象的。2000年代以降、多数の映画やCMで楽曲が使用され、ドキュメンタリー番組にも活動を取り上げられるなどして話題を呼んだ。各界著名人ともコラボレーションを実現している。「必要とされる場所に歌をとどける」をモットーに、北海道から沖縄・離島まで、コンサートホールから小さなバー、お寺や教会、ライブハウス、公民館、学校、カフェ、野外フェス等々、場所を選ばず、全国各地でライブ活動を行っている。2016年7月にニューアルバム「業」をリリース。